スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<労働トラブル>全国32カ所で電話相談 5日を中心に(毎日新聞)

 労働問題に取り組む弁護士で作る「日本労働弁護団」(宮里邦雄会長)が、5日を中心に全国32カ所で電話相談「労働トラブルホットライン」を実施する。37回目となる今回は、契約社員やパートなど有期雇用労働者の相談に力を入れる。

 最近の雇用状況の特徴は、派遣労働者の大量雇い止めに加え、パートなど非正規の有期雇用労働者の解雇・雇い止めが増えているという。これまで寄せられた相談では、解雇に限らず、パワーハラスメントに関する相談も目立つ。福井県の男性契約社員は、上司や同僚から「仕事しないで残業代もらえていいな」など3年間いじめを受け、うつ病を発症したという。

 同弁護団の雪竹奈緒弁護士は「有期雇用労働者は次回の契約更新などを考え、差別や違法な扱いを受けても泣き寝入りするケースが多い」と話す。

 相談時間のめどは午前10時から午後5時。各地の番号など問い合わせは同弁護団(03・3251・5363)へ。【東海林智】

【関連ニュース】
連合:日本人材派遣協会と待遇改善で合意文書
非正規雇用:「派遣法改正を」若者と女性が集会
雇用:各党が政権公約に
労働者派遣法:改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見
派遣労働者:42%減少…過去最大の下落幅 09年度速報

財務相に野田氏、戦略相に荒井氏=岡田外相ら11閣僚再任へ―菅新首相(時事通信)
財政健全化めぐり議論=G20財務相会合が開幕(時事通信)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
鹿児島・奄美で震度3(読売新聞)
鳩山前首相 福島社民党首に退任あいさつ(毎日新聞)
スポンサーサイト

三味線など150点灰に…芸妓組合事務所が全焼(読売新聞)

 26日午前4時頃、福井県あわら市二面の芦原温泉芸妓(げいぎ)協同組合の事務所兼けいこ場から出火、木造2階建て(一部平屋)約200平方メートルを全焼した。

 当時は無人で、けが人はなかった。

 あわら署の発表によると、建物は1階が事務所とけいこ場で、2階では着物などを保管していたという。25日は、芸妓や舞妓(まいこ)姿で太鼓や三味線が体験できる一般向けのイベントを開催。終了後の午後5時頃に芸妓が施錠して帰ったという。1階中央の事務所部分が激しく燃えており、同署は出火の原因を調べている。

 同組合によると、建物では、着物やかつら、三味線など約150点を保管していたが、すべて焼けたほか、伝統を継承するために長唄などを収録していたカセットテープも焼失したという。

 同組合の北野瑠璃子代表理事は「焼けたものの中にはお金では買えないものもあり、ただただ残念で何も言いようがない……」と目に涙を浮かべていた。

国交省、国道など移管に前向き=出先機関改革で公開討議―地域主権会議(時事通信)
上海-杭州間にリニア、全長165キロ・14年完成―中国
囲碁 本因坊戦第2局、久留米で26日から(毎日新聞)
宮崎訪問を検討=鳩山首相(時事通信)
<囲碁>史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)

首相、豪外相らと会談(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は20日、首相官邸でオーストラリアのスミス外相、フォークナー国防相と会談し、韓国の哨戒艦沈没事件について「調査への豪州の協力を評価する。豪州や米国などと緊密に連携していきたい」と述べた。スミス外相は「日本とも協力していきたい」と応じ、韓国を支持することで一致した。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
北朝鮮を「強く非難」=韓国を支持
「明快な説明に期待」=国務長官訪日で米高官
食料・燃料を融通=日豪
哨戒艦事件で韓国支持=李大統領と電話会談

<ルフトハンザ>世界最大の旅客機A380導入 W杯独代表特別機に 来月日本へ(毎日新聞)
<地位乱用>岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委(毎日新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)
<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)
事業仕分け 第2弾 運転免許講習「独占的」…8事業廃止(毎日新聞)

普天間移設は「沖縄中心」=鳩山首相、政府案を民主に説明(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日夕、首相官邸で開いた政府・民主党首脳会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「沖縄を中心に周辺地域への移転を進めている」と、政府案の概要を党側に初めて説明した。党側からは特に意見は出ず、首相を支えていくことを確認した。
 首相は「5月末までに決着を付けるため最善を尽くしている」と強調。ワシントンでの日米実務者協議に触れ「日米関係は非常に重要だ。米国とよく話し合って、いい結論が得られるよう努力していく」と述べ、米側との合意に全力を挙げる考えを示した。4日の沖縄訪問については「いろいろ批判もあって大変だったが、現地に行って良かった」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

揺らぎ続ける首相 普天間「何か本質的な間違いというか…」(産経新聞)
宮古島で震度3(時事通信)
<虚偽記載>半導体装置メーカー、上場前に「水増し」か(毎日新聞)
諏訪大社御柱祭で柱から落下、4人が死傷(読売新聞)
高血圧症治療薬市場、18年に1兆円超え(医療介護CBニュース)

<カーネーション>新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く(毎日新聞)

 細菌に強い新しい品種のカーネーションを、農業・食品産業技術総合研究機構「花(か)き研究所」(茨城県つくば市)が開発し、「花恋(かれん)ルージュ」と名付けた。病気に負けない「枯れん」と「可憐(かれん)さ」をかけ、誰からも愛される花に、との願いが込められている。

 カーネーションには「萎凋(いしゅう)細菌病」と呼ばれる病気がある。発生すると数百本以上がまとまって枯れるため、園芸農家の悩みの種になっていた。

 研究所は90年ごろ、野生のカーネーションの一種がこの病気にかからないことを見つけた。しかし花が直径1~2センチと小さく、園芸には向かなかった。

 そこで、この野生種を園芸用の美しい品種と交配、5世代約20年をかけて深紅の「花恋ルージュ」を作った。細菌を根につけて試すと、他の品種は87~97%が発病したが、花恋の発病率は約7%だった。

 新品種は来年、種苗業者に配布された後、一般農家で栽培され、13年の母の日には市場に並ぶ見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース】
カーネーション:銀座のビルに3000本展示 日本生産100年を記念
カーネーション:母の日ピンチ 日照不足で開花遅れ 金沢花市場、出荷2割減 /石川
ぐるっと秋田:横手湯沢特集 母の日に鉢植えサクランボ 湯沢の農家取り組み /秋田
香川県農業試験場野菜・花き部門 /四国
近江風物詩2010:アンスリウム(東近江市) /滋賀

<11年度予算>民主の追加公約で1兆円増額の可能性(毎日新聞)
書類の逮捕時間偽装 警視庁 警部ら8人書類送検(産経新聞)
<ごはんうどん>ふっくら炊きたてから麺 JA福岡中央会が発表(毎日新聞)
「5月末までには五月晴れに」徳之島の普天間移設拒否で首相(産経新聞)
有罪立証「ひそかな自信」=過失の構成に苦労-脱線事故の指定弁護士(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。