スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人件費の扱い、優遇拡充を=法人税で仙谷戦略相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は27日、テレビ東京の番組に出演し、雇用を創出した企業や女性管理職を登用した企業に対する税制面の優遇措置を検討すべきだとの考えを示した。法人税について人件費の損金算入拡充などを想定した発言。
 仙谷氏は「雇用創出や女性管理職を登用している会社には、その分の税の優遇措置を考えないといけない」と語った。 

【関連ニュース】
太陽光発電部品で5億円脱税=需要急増、売り上げを除外
米議員、批判の嵐に変化も=公約実践が不可欠
所得税から議論着手へ=税調専門家委が初会合
「借りたカネ」の著者追起訴=不動産会社に脱税指南
マッコリ輸入販売会社を起訴=法人税を脱税

千葉大生殺害 竪山容疑者を送検(毎日新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
普天間、県内移設の可能性も示唆=官房長官、沖縄知事と会談(時事通信)
<駅伝大会>走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え(毎日新聞)
スポンサーサイト

男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが-東京(時事通信)

 18日午後8時5分ごろ、東京都江戸川区東瑞江の路上で、近くに住む会社役員の男性(28)が突然男に飛びげりされ、現金約60万円入りのセカンドバッグを奪われた。男性は頭に擦り傷を負うなど軽傷。警視庁小松川署が強盗傷害事件として、男の行方を追っている。
 同署によると、男性が車で帰宅し、玄関の鍵を開けようとしたところ、男に後方からいきなり飛びげりをされ、もみ合いになった。男性は植木鉢で頭を殴られ、バッグを奪われた。
 盗まれた金は会社の資金で、日ごろからバッグに入れて持ち歩いていた。
 男は25歳ぐらいで、身長約170センチ、中肉で黒色のジャンパーとズボンに、白いマスクを着用。一言もしゃべらなかったという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査
「やっと逮捕、友花里に報告」=両親らコメント
路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」
千葉大生殺害で男を再逮捕=殺人容疑は否認、ほかは認める

<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に-愛知(時事通信)
菅副総理「民主政調の復活、改めて議論する時」(読売新聞)
<検察会同>「検察として深い反省」足利事件で検事総長(毎日新聞)
<未成年後見人>施設入所児らへ選任、134人 過去20年(毎日新聞)

「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会(医療介護CBニュース)

 「脳脊髄液減少症」を研究・診療する医師らが組織する脳髄液減少症研究会(代表・篠永正道国際医療福祉大学教授)は2月18日、同症の治療法である「ブラッドパッチ治療」への保険適用などを求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。

 「脳脊髄液減少症」は、交通事故などによる頭部・全身への強い衝撃で脳脊髄液が漏出し、頭痛やめまいなどのさまざまな症状を引き起こす。同研究会によると、患者数は少なく見積もっても、全国で数十万人に上る。患者本人の血液を「硬膜外腔」に注入して漏れを防ぐブラッドパッチが有効だが、保険適用外のため経済的負担が大きく、治療を断念する患者もいるという。
 
 要望書では▽脳脊髄液減少症を保険の適用疾病と認める▽硬膜外ブロックに準じ、ブラッドパッチ治療を保険適用にする―の2点を求めている。

 山井和則厚生労働大臣政務官に要望書を手渡した同研究会の美馬達夫事務局長(山王病院脳神経外科部長)は、「今後は、病気の実態をより多くの人に知ってもらうための啓発活動にも力を入れていきたい」と話している。


【関連記事】
診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出
脳脊髄液減少症治療、早急に保険適用を
脳脊髄液減少症治療の保険適用「不可」/政府答弁書
脳脊髄液減少症の研究・治療促進を

天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
エアコン室外機盗んだ疑い、男を逮捕 埼玉(産経新聞)
関アジ関サバに舌鼓=大分〔地域〕(時事通信)
<千葉大生殺害>「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
眞鍋かをりさん「家宅捜索受け屈辱的思い」契約解除求め事務所を提訴 (産経新聞)

JR東海道線 また「あすか」 草津駅で線路に人(毎日新聞)

 20日午後5時ごろ、滋賀県草津市渋川1のJR東海道線草津駅で、京都駅へ回送中の臨時列車「あすか」が止まっていたホーム近くの線路内に、カメラを持った人が立ち入っているのを別の電車の乗務員が見つけた。電車を止めて注意しようとするとそのまま立ち去ってしまった。回送のあすかが7分遅れで発車したほか、上下計5本が緊急停止するなど最大で10分遅れ、約3500人に影響が出た。

【以前にも迷惑行為】迷惑鉄ちゃん:「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響

 この日はJR草津線全線開通120周年を記念し、DD51ディーゼル機関車がけん引するあすかが草津駅と柘植駅(三重県伊賀市)間を往復。珍しい座敷列車を撮影しようと、沿線には多くの鉄道ファンが訪れていた。

 あすかをめぐっては今月14日にも、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くで撮影目的の鉄道ファンが線路内に立ち入り、ダイヤが大幅に乱れた。【南文枝】

【関連ニュース】
列車往来危険:「受験でストレス」踏切に自転車…中3逮捕
鉄道トラブル:JR山手線線路内に男性 緊急停止3万人影響
<写真特集>日本の鉄道
<写真特集>みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル

<個所付け>要望反映190路線 県連向け資料公表(毎日新聞)
平塚で男性撃たれ死亡 撃った組幹部の男が出頭(産経新聞)
「いないいないばあ」 絵本画家の瀬川康男氏死去(産経新聞)
<党首討論>「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」(産経新聞)

高校受験の教育費、8割超が負担(産経新聞)

 第一生命経済研究所は今年1月、中学3年の受験生を持つ全国の30~59歳(平均年齢43.63歳)の母親計600人に高校受験について調査した。

 教育費の負担感については「かなり負担」が最も多く、45.3%、「少し負担」が39.7%で、全体の85%が負担を感じていた。中学3年間の教育費の合計は平均103.1万円。世帯所得600万円超で121.8万円、600万円以下で73.5万円だった。

 教育費がかかるために取った対策(複数回答)については、「レジャーの支出を控える」が最多で49.3%。「夫の小遣いを減らした」が8.3%だったのに対し、「自分の小遣いを減らした」(17%)、「自分が仕事に就いた」(16.3%)など、母親への影響が大きい傾向にあった。

 一方、「子供の将来、学歴と資格のどちらが大事か」については、学歴は32.6%にとどまり、資格が67.4%を占めた。最も多い回答は「学歴も大事だが資格の方が大切だ」で、全体の60.2%だった。

全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)
<参院選>元プロ野球の石井浩郎氏、秋田選挙区から出馬表明(毎日新聞)
相場操縦の元早大生ら、利益はキャバクラや賭博に(読売新聞)
<織田信長>公居館跡地に「手水」の穴 岐阜市教委(毎日新聞)
子ども手当「11年度は満額」=鳩山首相(時事通信)

トランス社債権譲渡で黒木容疑者 社長に事後承認要求 (産経新聞)

 情報通信関連会社「トランスデジタル」の民事再生法違反事件で、トランス社社長の後藤幸英容疑者(44)が逮捕前、警視庁の任意の事情聴取に対し、健康食品販売会社社長の黒木正博容疑者(44)から「(逮捕容疑となった)債権譲渡契約の事後承認を求められた」との趣旨の供述をしていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 黒木容疑者はトランス社の筆頭株主だった投資事業組合に影響力を持っており、同社の実質的なオーナーだったとされる。警視庁は黒木容疑者がトランス社の経営方針についても権限を持ち、不正な債権譲渡を主導したとみて調べている。

 組織犯罪対策総務課の調べでは、後藤容疑者らは平成20年8月下旬、トランス社が経営破綻(はたん)すると認識しながら、約3億円の債権を持つ酒類販売会社「インターサービス」(東京都港区、現リカーショップ)に対し、売掛債権数千万円を優先的に譲渡した疑いが持たれている。

事故後も飲酒、42歳男を逮捕=男児ら負傷、危険運転致傷容疑-福岡県警(時事通信)
10年度報酬改定は「ビジョンなき政策」―全腎協・宮本会長(医療介護CBニュース)
<火災>民家焼け、71歳女性が死亡 東京・世田谷(毎日新聞)
元Jリーガー茂原容疑者、強制わいせつ…3度目逮捕(スポーツ報知)
女性雇用率で入札優遇=内閣府(時事通信)

天領日田おひなまつり 町並み豪華絢爛に 大分(毎日新聞)

 大分県日田市の「天領日田おひなまつり」が15日、豆田・隈両地区で開幕した。観光客が旧家など約20カ所を巡り歩き、旧天領(徳川幕府の直轄地)の町並みを彩る豪華絢爛(けんらん)なひな飾りを楽しんだ。3月末まで。

 日田は、九州の天領を統括した西国筋郡代(さいごくすじぐんだい)のおひざ元。政治、経済、文化の中心地として町人文化が栄え、代々の豪商らが商用先の上方などで娘に贈る豪華びなを買い求めた。大分県内最古の大型商家「草野本家」(国指定重要文化財)もその一つ。白木造りの御殿びななど200年にわたる秘蔵の178体が観賞客を魅了した。【楢原義則】

【関連ニュース】
鴻巣市移動支局:開設 「びっくりひな祭り」に合わせ
鴻巣市移動支局:ひな人形の街 人文字でPR 埼玉
ひな人形作り:埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気
雑記帳:「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田
神社石段にひな人形1200体ずらり 千葉・勝浦

JR高円寺駅 転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日新聞)
自民党、鳩山首相の母の出張尋問も考慮に…町村元官房長官が表明(スポーツ報知)
「資料出す」「お前、待て」民主、個所付けめぐり国会で怒鳴りあい(産経新聞)
パチンコ攻略法の被害相談、6年間で100億円超(読売新聞)
<漫画ミュージアム>北九州で開館へ 売上高30億円見込む(毎日新聞)

久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦(時事通信)

 将棋の羽生善治4冠(王将、名人、棋聖、王座)に久保利明棋王が挑戦する第59期王将戦7番勝負の第4局が、17日から松江市のホテル一畑で行われ、18日午後5時36分、74手で後手の久保が勝ち、3勝1敗とした。持ち時間各8時間のうち、残りは羽生39分、久保28分。第5局は3月10、11の両日、和歌山県白浜町のコガノイベイホテルで行われる。 

【関連ニュース】
久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦
将棋の里見が17歳で女流名人
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦
最高齢棋士有吉九段が引退へ
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦

高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
「無我夢中」ホーム転落女性助け、間一髪退避(読売新聞)
女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕-警視庁(時事通信)
【党首討論詳報】(1) 谷垣氏「首相は平成の脱税王」(産経新聞)
<出産一時金>新制度で入金遅れ 産科診療所の2割「不安」(毎日新聞)

「わんこそばは心理戦」大分の精神科医が3連覇(読売新聞)

 制限時間内に1杯10グラムのそばを何杯食べたかを競う「第52回わんこそば全日本大会」が11日、岩手県花巻市文化会館で開かれた。

 全国の150人が挑み、大分県別府市の精神科医青木貴孝(よしのり)さん(39)が最多記録を13杯上回る254杯を平らげ、大会初の3連覇を果たした。

 青木さんは精神科医らしく、「わんこそばは5分間の心理戦。給仕する人との呼吸が大事」と大食いの秘訣(ひけつ)を披露。「今年40歳になるのでこれで最後。有終の美を飾れた」と満足げ。会場には、10杯でかけそば1杯分のそばをかき込む姿に、盛んに声援が飛んでいた。

集団暴行受け、中2重体=少年4人を逮捕-兵庫県警(時事通信)
<マンション計画>芦屋市が不認定 景観地区指定自治体で初(毎日新聞)
山崎拓氏を自民党シンクタンク所長に(産経新聞)
保護の少女、警察にSOS10回…宮城3人殺傷(読売新聞)
<民主党>「政府一元化」事実上修正 政策決定に関与強める(毎日新聞)

65人が結核再検査 江東区(産経新聞)

 江東区は、昨年4月から今年1月に結核患者の接触した人を対象にした健康診断で検査に不備があり、受診した368人のうち、65人に再検査の必要があることを明らかにした。

 区によると、健康診断で採取した血液を委託業者(広島県福山市)が検査する際、不適切な用具を使用したため、精度が低下していたという。

北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で(産経新聞)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
<福田組>5億円所得隠し マンション受注絡み(毎日新聞)
【中医協】「療養病棟初期加算」は名称を変更へ(医療介護CBニュース)
<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)

<通天閣>2・10(ニット)の日に手作りマフラーの贈り物(毎日新聞)

 大阪市浪速区の通天閣に9日、ネックウオーマー型の赤い巨大マフラーが巻かれた。2月10日の「ニットの日」に合わせたイベントで、ツー・テン(2・10)の語呂合わせから、高松市のPR会社が発案。日本編物文化協会大阪府支部などの協力で、堺市立新浅香山小学校と香川県さぬき市立多和小学校の児童が手編みを学習。編み上げた作品などを布に張り合わせ、長さ約8メートル、幅約2メートルのマフラーに仕立てて、地上75メートルの高さに設置した。

【写真で見る】日本のいろいろなタワー

 11日まで。吉沢久美子社長(46)は「『一念通天』で、思いを形にできた。携わった子どもたちの自信にもなれば」と話していた。【青木絵美】

【関連ニュース】
【空から見る】神戸ポートタワー:改修工事進む 3月下旬にリニューアル
<東西 と~ざい>3タワーものがたり
【写真特集】50枚の写真で振り返る東京タワーの50年
【写真特集】梅田彩佳:「私もタワーでプロポーズされたい」 東京タワー「ライトダウンストーリー」PR

バンドメンバーら7人死傷=「我羇道」、新名神で横転事故-滋賀(時事通信)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)
「小沢氏はシロではない」=谷垣氏(時事通信)
中国のゴルフ会員権虚偽販売=詐欺容疑で社長ら逮捕-被害7億超か・警視庁(時事通信)
<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)

再診料引き下げに断固反対を強調―日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)

 日本医師会の中川俊男常任理事は2月9日、中央社会保険医療協議会(中医協)での再診料をめぐる議論が公益裁定に持ち込まれたことを受けて緊急記者会見を開き、診療所の再診料引き下げに断固反対する考えを改めて強調した。

 今年4月の診療報酬改定をめぐる中医協の議論では、診療所と病院で別々にされている再診料を統一することでは合意が形成されている。ただ支払側が、診療所(71点)を引き下げ、病院(60点)を引き上げる形での統一を提案しているのに対し、診療側は診療所の再診料引き下げには「断固反対」の姿勢を崩していない。8日に開かれた中医協の総会でも、両者の溝は埋まらず、決着は公益側の裁定に持ち込まれた。公益側の案は10日の総会で提示される。 緊急会見で中川常任理事は、外来部分のうち小児科救急外来や乳幼児加算などの評価に必要としている650億円の中身を厚生労働省が明確にしていない点に言及。「その一方で、『再診料を71点に統一するには70億円足りない』と、財源不足を強調しているが、そんな理屈は受け入れられない」と述べた。 また、本来は再診料を最優先で議論すべきなのに、他の項目を検討し、残った財源で再診料の手当てをしようとしているとして、「最初から『引き下げありき』の議論である」と強く非難。さらに、▽再診料の引き下げは、地域の医療を支えてきた診療所の経営体力と意欲をそぐ▽外来部分の評価項目に地域連携夜間・休日診療料、往診料なども挙がっているが、診療所の「基礎体力」なしに夜間診療や往診を強化することは不可能―との見解を示した。

■「地域住民・患者の立場に立った裁定を」

 中川常任理事は、今回の改定で再診料を一気に統一することは「『事業仕分け』からの流れに押し切られたと断じざるを得ない」と強く批判した上で、「再診料は段階的に統一していくべき」と主張。さらに「病院だけを評価すると、患者は病院に集中し、住民は医療へのアクセスに苦悩することになる。公益委員には、地域住民・患者の立場に立った裁定をお願いしたい」と求めた。


【関連記事】
【中医協】病診の再診料統一、決着は10日以降に
厚労省の反論は説明不足―「実質ゼロ改定」報道で日医
夜勤72時間ルールの“救済案”、「根本的な解決にならない」―日医・中川常任理事
日本中の患者を“中医協委員”に
診療報酬改定「評価項目は慎重に決定を」―日医

石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)
内服薬は1回量を記載=処方せんの書き方統一へ-伝達ミスを防止・厚労省(時事通信)
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕-警視庁(時事通信)
枝野氏を行政刷新相に起用(時事通信)
<無人島>落札は隣島で操業中の会社 広島・三ツ子島(毎日新聞)

風力発電量全国1位 青森産電気、都心へ“直送” CO2削減と経済活性狙う(産経新聞)

 都と千代田区が、風力発電量全国1位の青森県と自然エネルギー分野で連携協定を結んだ。大規模事業所に二酸化炭素(CO2)排出量の削減を義務付ける都改正環境確保条例の来年度施行を見越したもので、CO2削減に悩む都市と、低迷する経済を活性させたい地方の思惑が一致した格好だ。全国初となる試みには企業や他の自治体から注目が集まっている。

 協定は、青森県の発電事業者と都内の事業所が互いの「連携パートナー」を探す場を提供するもの。都は自然エネルギーの購入を希望する企業や団体などを募る役割を担う。都は「電力の大消費地である都内には風車を設置する土地がない。自然エネルギーへの転換には地方のポテンシャルに期待せざるを得ない」と話す。

 一方、青森県は県有地を貸し出すなどして県内の発電事業者数を増加させる。県は「青森は台風も少なく、風量も安定しており、風力発電に向いている。この利点を生かして経済や雇用の活性化につなげたい」と協定に期待を寄せている。

 現在、県内の192基の風車のうち185基が都心の事業者が所有しているため、「風力発電量は日本一だが、売買の利益は都心へ流れているのが現状」(県)だという。だが、平成27年までに現在の年間28万キロワットから45万キロワットに発電量を増やす計画で、増加分はできる限り地元資本でまかなう方針だ。

 県には同じく地域経済の落ち込む他の地方自治体から、東京と締結した協定についての問い合わせが殺到しているという。隣県の秋田県も「協定参加も視野に検討したい」と興味を示している。

 一方、民間ではすでに協定参加の検討を表明した企業も出ている。

 CO2排出量の7割がオフィスビルなど業務部門という千代田区。その一等地に建つ「新丸の内ビル」を所有する三菱地所は21年12月、同ビルの電力を青森県六ケ所村の風力発電所から受電することを供給元の出光興産と合意。両社は同ビルを皮切りに協定参加の検討を表明した。

 出光側は「新丸の内ビルのCO2削減量は年間約2万トン。条例施行で都市と地方の自然エネルギー売買が活発化するはず。今後に向け協定を活用したい」と話した。

 都は「新丸の内ビルという知名度の高いビルの参加で他の事業者への波及効果は大きい」と期待する。自治体の一石二鳥を狙う試みは普及するのか-。

【関連記事】
コスモが風力会社1円で買収、本格参入
風力発電ユーラスエナジーが増資 東電などから250億円
風力発電の健康被害調査へ 環境省
予想外の判決に困惑、怒り…上告へ つくば市の風車裁判
風力発電に“逆風”…周辺で頭痛・不眠が続発!?

<外国人地方選挙権>自民、都道府県連に「反対採決」を指示(毎日新聞)
もうすぐバレンタイン 串カツにコロッケ 変わり種チョコ人気(産経新聞)
競泳女子メダリストが自民党公募に応募へ 参院徳島(産経新聞)
町田と相模原が証明書発行で協定(産経新聞)
犯意否定の会見発言、石川議員「誤解招いた」(読売新聞)

テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官(時事通信)

 長島昭久防衛政務官は11日のBSフジの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を米自治領北マリアナ諸島のテニアンに移設する案が与党内で取りざたされていることについて「個人的には、テニアンというのはある種とんでもない(議論の)方向だ」と述べた。社民党が主張するグアム移設案についても「仮にグアムまで(沖縄駐留の)米海兵隊が下がると、何かあったときに(沖縄と比べて)プラス3日かかる」と指摘した。 

【関連ニュース】
「同床異夢」のグアム視察=普天間移設の可能性で対立
普天間「受け入れ難い」=グアム知事、視察団に表明
沖縄基地検討委がグアム視察=普天間移設候補地の現状確認
「トラスト・ミー」はだめ?=日米同盟に陸自幹部が発言
米自治領知事、受け入れに前向き=11日にグアム視察

保身から転換? 石川容疑者ら供述変遷(産経新聞)
ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始-ケアプロ(医療介護CBニュース)
<マイケル財団>日本企業を提訴 肖像権使用問題(毎日新聞)
施設運営理事長らを逮捕=老人ホーム10人死亡火災-業務上過失致死容疑・群馬県警(時事通信)
<書の甲子園>校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)

<火災>犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良(毎日新聞)

 7日午後6時半ごろ、奈良県葛城市大屋のペット飼育業「ワンちゃんふれあい広場日光」の犬小屋から出火、木造平屋建て2棟計約85平方メートルを全焼した。小屋の中のおりにいたブルドッグやダックスフントなど約70匹が焼死した。けが人はなかった。

 県警高田署によると、3棟でペット用の犬約250匹を飼育。経営者の寺西登志彦さん(62)は「犬の暖房のため石油ストーブをつけたまま帰宅した」と話しているといい、出火原因を調べている。【高瀬浩平】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼4人死傷 兵庫・姫路
マンション火災:1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋
貨物船火災:積み荷から激しい黒煙 ベリーズ船籍 福岡
火災:住宅全焼、2人の遺体発見 埼玉・鴻巣
火災:東京・練馬の死者、70代の夫婦と確認

「干物好き」がんにご注意 厚労省研究結果(産経新聞)
<マイケルさん急死>麻酔薬投与の医師、出頭に合意(毎日新聞)
<マンション火災>1人暮らしの50歳女性死亡 名古屋(毎日新聞)
【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に(医療介護CBニュース)
<不正経理>農水省で427件 契約1億円 04~08年度(毎日新聞)

運転のブラジル人を指名手配へ=危険運転致死容疑で逮捕状-名古屋ひき逃げ・県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、愛知県警熱田署捜査本部は4日、危険運転致死容疑で、乗用車を運転していた岐阜県美濃加茂市のブラジル人の男の逮捕状を取り、指名手配する方針を固めた。
 同日朝に出頭してきた同乗者のブラジル人の男については、窃盗の疑いで逮捕状を請求する。 

オフィス街も真っ白に…東京都心に今冬初の積雪(読売新聞)
内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相(産経新聞)
喪失した日本国籍求め提訴=比で出生の子、父は日本人-東京地裁(時事通信)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
<大荒れ天気>留萌、石狩北部に暴風雪警報(毎日新聞)

<アホウドリ>ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)

 環境省は8日、国の特別天然記念物アホウドリのヒナ15羽を、繁殖地の伊豆諸島・鳥島から小笠原諸島の無人島・聟島(むこじま)に移送したと発表した。鳥島の火山噴火による絶滅回避が狙いで、今回が3度目。12年までに計70羽程度を移す。

 同省によると、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の研究員らが同日朝、鳥島でふ化後約35日のヒナを捕獲。ヘリコプターで南に約350キロ離れた聟島に運び、同日午後放鳥した。巣立つ5月下旬ごろまで研究員が聟島に滞在、人工飼育する。

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
不正取引:絶滅危惧の魚 3容疑者を逮捕 愛知県警
タンチョウ:川霧の中で目覚め 北海道鶴居村
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で
クマゲラ:砂防事業の作業開始以降姿消す 北海道上川町

センバツ 入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
<雑記帳>バレンタインデーに京漬物を(毎日新聞)
<雑記帳>トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
2漁船「迷惑かける」と銃撃明かさず(読売新聞)

「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)

 大相撲の横綱朝青龍(29)が初場所中に酒に酔って知人男性(38)に暴行したとされる問題で、朝青龍側が2日に警視庁麻布署に示談書を提出していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、示談は1月29日に成立。示談書には男性が「今回の件で相手を許す。被害届を出さない」という趣旨のことが書かれ、双方のサインと示談金額が記載されていた。暴行に関する記載はなかったという。

 同署は今後、男性から事情を聴いて、示談の意思や事実関係を確認する。

【関連記事】
“大甘”調査委、朝青龍の聴取に消極的 処分へ進展なし
貴理事、朝青龍に横綱の心構え説く「すべてファンだと思わないと」
やっぱり朝青龍救済計画 大甘処分の具体的内容とは?
朝青龍の説明「うそだと思う」 元警視総監の協会監事が不信感
「酔っぱらい、早く辞めろ」暴行の朝青龍にやじ

<強制退去>違法とクルド人兄妹が名古屋入国管理局を提訴(毎日新聞)
<千葉県警>不正5億7000万円に 6年間で(毎日新聞)
神戸←→茨城 スカイマーク記念便“即日完売” 定期便に空港も期待(産経新聞)
<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)

運転のブラジル人を逮捕=名古屋ひき逃げ、容疑否認-危険運転致死で手配・愛知県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、愛知県警熱田署捜査本部は5日、危険運転致死と道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで、車を運転していたブラジル国籍の職業不詳ロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)=岐阜県美濃加茂市加茂野町鷹之巣=を逮捕した。捜査本部が全国に指名手配していた。
 捜査本部によると、5日夜、愛知県岡崎市の路上で捜査員が発見し、熱田署に任意同行し逮捕した。事故を起こしたことは認めているが、「歩道上に人がいたのは知らなかった」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は1日午前0時55分ごろ、熱田区六番の国道交差点に赤信号を無視して猛スピードで侵入。歩道上で信号待ちをしていた3人をはね飛ばした上、救護せずに逃走し、死なせた疑い。
 車には同国籍の男4人が乗っていた。窃盗グループのメンバーとみられ、これまでに同乗者2人が出頭し、逮捕されていた。捜査本部は残る1人の30代の男についても行方を追っている。 

【関連ニュース】
運転のブラジル人、指名手配=名古屋ひき逃げ・愛知県警
別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、逮捕へ
岐阜のブラジル人が運転か=名古屋ひき逃げ
同乗のブラジル人逮捕=逃走用の車、窃盗未遂

翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
新宿区が障害給付の申請拒否で謝罪(医療介護CBニュース)
千葉県警の不正経理、新たに4億2100万円(読売新聞)
上田容疑者、事件前日「支払い念書」円山さんに(読売新聞)
石原知事、名護市長選の結果で政府に皮肉(産経新聞)

自民、小沢氏の喚問要求=首相は政倫審求めず-衆院予算委(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏を不起訴処分としたことに関し、「本人の意思で説明するなら結構だが、私から『政治倫理審査会に臨んでほしい』と小沢氏に言う必要はない」と述べた。自民党の菅義偉元総務相への答弁。
 菅氏は、資金管理団体の土地購入の原資をめぐる小沢氏の説明が二転三転していると指摘。その上で、国会での小沢氏の証人喚問を要求した。
 首相は「小沢氏は検察の聴取にも応じたし、記者会見もして事実関係を説明した」と述べ、説明責任を果たしたとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁(産経新聞)
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ(産経新聞)
企業の就職説明会「2分で満員」 予約用iPhone買う大学3年生(J-CASTニュース)
岐阜のアパートで、女性腹を刺され重傷(読売新聞)
谷垣氏、「小沢独裁」政権と対決=消費増税、超党派会議提案-衆院本会議で代表質問(時事通信)

福祉サービス拠点に 都立梅ケ丘病院跡地、世田谷区が取得へ(産経新聞)

 3月15日に閉院が予定されている世田谷区松原の都立梅ケ丘病院の跡地(約2万4千平方メートル)について、同区は4日、都から約145億~175億円で取得し、高齢者や障害者の在宅復帰を支援する施設など保健・医療・福祉サービスの拠点として整備していく方針を明らかにした。

 都は地元の世田谷区に優先して売却する意向を示しており、区は4月から基本構想づくりに着手するための費用約2300万円を22年度当初予算案に盛り込んだ。

 区によると、跡地に整備するのは、病院を退院した高齢者がリハビリを行う介護老人保健施設や、障害者が施設や病院から在宅生活に移行することを支援する地域生活支援型入所施設など。また、保健や福祉を支える人材を育成する福祉人材育成・研修センターなども検討している。区が大半を整備する方向だが、運営については民間事業者の誘致を図るなど、多角的に検討していくという。

<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
臨時交付金少なかった、算定ミス42億円(読売新聞)
木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)
<山崎前副総裁>引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)
寛仁さまが入院(時事通信)

新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)

 東海道新幹線の架線が切れて3時間以上運転がストップした事故で、切断された補助吊架(ちょうか)線は85年の張り替え以降、交換されていないことが分かった。JR東海によると、点検で異常があった個所を部分的に交換することはあるが、定期的な張り替えはしていないという。同社は、切断面の状況からショートして切れた可能性は低く、何かがぶつかったか、腐食などによる老朽化で切れたとみて詳しく調べている。

 補助吊架線は数本の硬銅製の銅線をよりあわせた構造で直径約16ミリ。パンタグラフが接するトロリー線をつり、たわみをなくして高速走行を可能にする。

 JR東海によると、現場付近では85年、高速化に対応するため高性能な補助吊架線に張り替えた。耐用年数などの決まりはなく、年1回の目視点検をしているが、前回09年11月の点検では問題なかった。異常を調べる試験列車「ドクターイエロー」も10日に1回走らせており、27日の走行では異常は見つからなかったという。

 また、補助吊架線ではこれまで、台風で吹き飛ばされた看板に切断されたケースはあった。だが、今回の現場付近では飛来物などは見つかっていない。

 一方、送電停止直前に通過した「こだま659号」12号車のパンタグラフについて、電力を取り込む金属部品「集電舟」がパンタグラフを覆うカバーの中で、集電舟を支える部品(長さ約1メートル)が現場から約50メートル大阪よりの線路わきで見つかった。パンタグラフで破損したのはこの2部品だった。パンタグラフは2日に1回点検しており、27日の点検では異常はなかった。

 事故の影響で、乗り継ぎ列車のなくなった乗客計約125人が東京、名古屋、新大阪の3駅で列車内で宿泊するなどした。国土交通省関東運輸局は29日、JR東海に原因究明を指示し、警告文を出した。【石原聖】

【関連ニュース】
新幹線:目の不自由な男性が転落し重傷 岐阜羽島駅ホーム
Uターンラッシュ:見送りの人々で混雑…JR名古屋駅
JR東海:高速鉄道システム輸出…米国7路線に照準
JR東海:リニア報告書を国交相に提出
JR名松線:カレンダー完成 全線復旧の願い込め

練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
<火災>群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
<白樺湖氷燈祭>東京スカイツリーの氷像もお目見え 長野(毎日新聞)
首都圏連続不審死 木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
社民国対委員長に照屋氏(時事通信)

<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)

 1日夜から2日未明にかけて関東甲信地方に降った雪の影響で、各地の交通機関が乱れ、スリップ事故や転倒でけが人が相次いだ。

 東海道新幹線は、降雪の影響を確認するため、2日午前6時の始発から品川-小田原駅間で時速120~170キロに速度を落として運転。午前8時過ぎにはほぼ正常運転となったが、下り4本が最大で16分遅れ、約2800人に影響した。

 JR青梅線では午前5時過ぎ、東京都羽村市の羽村-小作間の架線が凍結。電車への送電ができなくなり、奥多摩発立川行き普通電車など計30本が運休し、約1万5000人に影響があった。

 東武野田線は午前4時40分、千葉県柏市の高柳駅で架線トラブルが発生し、上下線計19本が運休し、約1万人に影響。東京都荒川区と足立区を結ぶ日暮里・舎人ライナーでは、軌道上に積もった雪のためゴムタイヤがスリップし、午前7時25分ごろから約1時間20分運転を見合わせ、約9300人に影響した。

 また、日本道路交通情報センターによると、首都高速道路の▽11号台場線▽埼玉大宮線▽埼玉新都心線--の上下線が雪により一時通行止めとなった。

 一方、宇都宮市石井町の国道新4号で、2日午前2時25分ごろ、保冷車が中央分離帯を乗り越えて大型トラックと衝突し、保冷車の運転手(40)が全身を強く打って死亡した。栃木県警宇都宮東署はスリップした可能性もあるとみている。

 このほかにも、消防などのまとめでは、少なくとも、▽埼玉県88人▽神奈川県22人▽千葉県20人▽東京都19人--の負傷者が出た。

 東京消防庁によると、杉並区内で女性(75)が自宅の庭で足を滑らせて左腕を骨折。江戸川区内では女性(72)がタクシーから降りる際に転倒し腕の骨を折ったという。

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析

東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)
42・195メートルの「マラソン足湯」登場!大阪国際女子マラソン(産経新聞)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行-大阪・松原市(時事通信)
「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう(読売新聞)
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知(産経新聞)

漁船情報の空白4時間半=銃撃時の位置特定できず-1管(時事通信)

 北方領土の国後島沖で羅臼漁協(北海道羅臼町)所属の漁船2隻がロシア国境警備隊の銃撃を受けた問題で、2隻の漁船位置管理システム(VMS)の記録が空白となっている時間帯が、銃撃を受けたとみられる時間の前後4時間半にわたることが2日、第1管区海上保安本部(小樽市)の調査で分かった。1管はVMSを解析し、経緯を調べる。
 道は銃撃直後、2隻は日ロ間の協定で設定された安全操業海域内にいたとしていた。
 1管によると、銃撃のあった先月29日、2隻の位置情報は午前8時半ごろまでは、羅臼漁協が陸上で受信していた。その後、午後1時すぎまで途絶えたという。
 外務省によると、ロシア側は正午すぎに2隻を安全操業海域外で発見したとしている。銃撃があったのはその直後とみられている。 

【関連ニュース】
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間
ロシア外務省に厳重抗議=漁船銃撃
船体前方に弾痕集中=銃撃受けた漁船2隻-1管
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に
北海道知事「事実なら強く抗議」=国後沖銃撃

大阪・道頓堀の名物「大たこ」立ち退き命令(読売新聞)
<訃報>伊藤鄭爾さん88歳=元工学院大理事長(毎日新聞)
<八王子夢街道駅伝>応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)
秋葉原殺傷初公判始まる 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪(産経新聞)
外国人参政権 97%が「憲法違反」(産経新聞)

ダンプカー会社に立ち入り=特急と衝突事故で-北海道運輸局(時事通信)

 北海道深川市の踏切で1月、特急列車とダンプカーが衝突した事故で、国土交通省北海道運輸局は1日、ダンプカーを所有する運送会社「躍進産業運輸」(同市)を貨物自動車運送事業法に基づき立ち入り監査した。関係者から事情を聴くなどして運行管理などに問題がなかったか調べる。
 事故は先月29日午後0時25分ごろ発生。スリップして遮断機の下りた踏切内に進入して立ち往生したダンプカーに特急列車が衝突し、列車の乗客38人と乗員2人、ダンプカーの運転手が負傷した。道警深川署は自動車運転過失致傷と過失往来危険の疑いも視野に調べている。 

小沢氏の土地購入 首相、疑義示す/前原氏「政治資金での購入」を批判(産経新聞)
潔白証明へ頑張る=小沢氏(時事通信)
「共通言語」としてのICFの在り方を議論(医療介護CBニュース)
小沢氏「心臓病で入院、預金を家族名義に」(読売新聞)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)

連続女性殺害で69歳被告の死刑確定へ 最高裁(産経新聞)

 大阪市と岐阜県内で平成17年、女性2人を殺害して現金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた無職、大橋健治被告(69)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は29日、「刑事責任は極めて重大で、死刑判決を是認せざるを得ない」として、大橋被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。

 同小法廷は「2週間という短期間に相次いで行われた犯行で、経緯や動機に酌量の余地はなく、残虐で冷酷」などと指摘した。

 判決などによると、大橋被告は17年4月、岐阜県揖斐川町のパート従業員の女性=当時(57)=方に侵入して現金を奪い、首を絞めて殺害。同年5月には、大阪市旭区のマンションに強盗目的で侵入、主婦=当時(45)=を殺害するなどした。

【関連記事】
強盗殺人罪で女を起訴「以前、空き巣に成功したので…」青森
1470万円窃盗容疑で3人逮捕 佐賀の養鶏場事件
「組員殺害」供述 強盗殺人で起訴の男再逮捕へ
大分の夫婦殺傷 当時少年の中国人、無期確定へ
「遺体なき殺人」物証追う苦悩の2カ月 宮城県警「毛髪だけでは…」

約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)
新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。