スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を-気象庁(時事通信)

 日本列島は14日も強い冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に雪が降った。気象庁は、西日本の日本海側では昼ごろ、北陸と東北の日本海側は夕方、北海道の日本海側では夜にかけて大雪になるとして、引き続き警戒を呼び掛けた。落雷や突風にも注意が必要という。
 15日午前6時までの24時間予想降雪量は、山沿いの多い所で、北陸が70センチ、岐阜県が60センチ、北海道の日本海側が50センチ、東北の日本海側と長野、群馬両県、近畿北部が40センチ、山陰が20センチ、九州北部が10センチ。
 北陸から東北、北海道の日本海側は、15日も山沿いを中心に大雪の恐れがある。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
広い範囲で強風、積雪=低気圧接近、交通に影響
日本海側と東北は暴風、大雪=低気圧接近、警戒を
ゲリラ豪雨や落雷、サーファー向けも=気象予報会社が独自サービス
低気圧で荒れた天気に=大雨や突風に注意

政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化(時事通信)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
「被害受ける人に力を」=水面下の苦労大切に-博識、速い決断、池田・新警視総監(時事通信)
<フェリー座礁>自粛の紀南漁協 24日にも再開へ(毎日新聞)
<訃報>笹野舟橋さん87歳=書家、毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。