スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「猫の足星雲」を詳細に観測=星の生死解明に期待-欧州天文台(時事通信)

 地球からさそり座の方向に約5500光年離れた「猫の足星雲」を、欧州南天天文台(ESO)が21日までに南米チリにある望遠鏡で詳細に観測し、画像を公開した。猫の足の裏にある肉球のように見える明るい部分には、過去数百万年以内に誕生した若い恒星が多数あるとみられるという。
 同星雲は、地球がある銀河系(天の川銀河)の中にある。赤く見えるのは、若く熱い恒星を取り巻く水素ガスから放出された赤い光だけが、ほかのガスやちりに遮られず、地球まで届きやすいため。
 細かい泡のような部分は、大きな恒星が終末期を迎え、さまざまな物質を大量に周囲に放出しているか、既に寿命を終えて爆発した跡と考えられる。観測成果は、恒星の誕生から死までの過程を詳しく解明するのに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」
宇宙から被災地にエール=野口さん、阪神大震災15年前に

寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
季節に関係なく安全に供給 「野菜工場」に海外から注目(J-CASTニュース)
名護市長選が告示…現職、新人の2氏届け出(読売新聞)
<奈良・不明住職>万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで(毎日新聞)
断てぬ「利益誘導」政治…田中・金丸直系の小沢幹事長(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。